*取材REPORT*  弁護士:時田 剛志(ときた つよし)

― チームワークを活かし、手厚いリーガルサポートを―

埼玉県さいたま市-弁護士法人グリーンリーフ法律事務所- 弁護士:時田 剛志

 *取材REPORT*

JR大宮駅東口からほど近いオフィスビルに事務所を構える、弁護士法人グリーンリーフ法律事務所。所属弁護士は13名(2019年2月現在)。今回は、所属弁護士の一人である時田先生にお会いし、お話を伺いました。

明るくて、はきはきとお話ししてくださる時田先生は、一つ一つのことを分かりやすくお話してくださり、安心感を与えてくれます。時田先生は、離婚をはじめとする男女関係の問題に一番力を入れているとのこと。グリーンリーフ法律事務所には、離婚カウンセラーも在籍しており、法的な解決を目指すだけでなく、相談者の心のケアにも配慮しています。案件によっては、離婚カウンセラーに先に相談するというケースもあるんだとか。また、必要に応じて探偵に相談することもあり、状況に応じたサポートを行っているとのことでした。

「目の前の一人の力になりたい」との思いから、弁護士を目指したという時田先生。男女関係の問題以外で特に関心を持っているのは、いじめ問題だという。
ストレートに表現すると“お金にならない”仕事であっても、社会的にやりがいのある仕事であれば、全力で取り組んでいるとのことでした。「困っている人」のために最善を尽くす―これが弁護士の仕事なのだということを、時田先生の姿を見て改めて教えていただいたように思います。

相談者の方が弁護士の力を必要とするのは、基本的に、人生を左右するような重大な出来事が発生したときです。そのため、「弁護士に相談するのは初めて」という方が多いのも当然かもしれません。グリーンリーフ法律事務所は、初めて相談する方にもやさしい、手厚いサポートを行うことができる体制が整っていると感じました。個人・法人問わず、幅広い案件に対応しており、中でも離婚・交通事故・刑事事件については専門チームがあるとのこと。高品質なリーガルサービスを提供できるよう、弁護士が一丸となって研鑽に励んでいるという。その献身的な姿勢に、相談者の方からも高い評価をいただいているとのことでした。今後もさらに相談者に寄り添うサービスを行い、皆で“埼玉一の法律事務所”を目指していきたいと決意をお話しいただきました。

また、電話やメール、FAXだけではなく、LINEでの相談も受け付けているとのこと。これも「相談者が少しでも相談しやすいように」との思いからなんだとか。時田先生をはじめとする先生方の弁護活動や、事務所の運営体制など、隅々まで“相談者のために”との想いが行き届いており、感銘を受けました。時田先生、取材のご協力ありがとうございました。

LINE@:http://line.me/ti/p/@dmb0719q
LINE ID:@dmb0719q

■掲載ページ:https://bengoshi-net.jp/3034

事務所所在地
さいたま市大宮区宮町1−38−1 KDX大宮ビル6階
【最寄り駅】JR大宮駅東口から徒歩3分
TEL:048-649-4631/FAX:048-649-4632
※「弁護士ねっと」を見て電話したと必ずお伝えください。